エンベロープの話の続き

さて、エンベロープの話の続きです。
エンベロープではアタックの早い/遅いなどを設定出来るわけですが、ここで遅いアタックに設定した場合の注意です。
まぁこれは一般の打ち込みテクニックでよく言われていることなので、その繰り返しになるのですが、遅いアタックに設定した場合は打ち込みタイミングを少し前方にずらすようにしましょう。
これは、人間が耳で音を感じる時に、実際に鳴り始めた瞬間を感じるのではなくある程度以上ボリュームが大きくなってから感じるということにつながるのですが、遅いアタックに設定するとボリュームが大きくなるまでに時間がかかる為に発音が遅れて感じるのです。
実際には、ベロシティが小さく、アタックが遅い音の場合はいつ鳴り出したのか気付かないで、いつの間にか鳴っているというようになるので、この場合には多少発音タイミングがずれていようがあまり関係ないので良いのですが、ベロシティがある程度大きい場合にはやはり目立ってしまいますので、気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください